カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

「沈まぬ太陽」 渡辺謙のこと

内閣総理大臣 中曽根康弘という封書をもらって、仰天したことが20年ぐらい前にあった。首相官邸でパーティをやる招待状だった。野次馬の私はおもしろそうなので、もちろん参加。
たくさんの人がきていて、それはそれはたいへんな人だった。ごったがえし。(この園遊会は税金からでているのかしら)なんて思ったりしたものでした。
そこで印象に残っているのは、たくさんの芸能人がいるなかでピカッと光るのは渡辺謙。ちょうど大河ドラマ「伊達政宗」をやっている時だった。一万人いても、どんな町でも、たとえ満員の野球場でも、渡辺謙を見つけ出すことができるだろう。・・・と思った。
オラーがある人だ。
この映画の成功は、山崎豊子の原作や監督など、それに渡辺謙というぬきんでた俳優によるものだろう。
どこの場面にもぴったりくる。アフリカでも、中東でも、アメリカでも、どこの国でも、どこの都市でも異質なものを感じさせない。団交でも家庭でも飛行場でも、ぴたっとはまる。顔もすごいが背中でも、ものが語れる。
まさに「矜持を抱える」深みのある俳優といえる。2009年10月30日の朝日新聞 be evenig石飛徳樹という人が書いているのでこの記事より上手にかけないので、このへんでおしまい。


ブログランキングに参加しています!
1日1回クリックしてね。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
Commented by totokarari at 2009-11-05 19:24 x
えっ なんで総理大臣から招待状が来るのですか。
ひょっとしてsumipino1さんはとても偉い人か有名人なのですか。

渡辺謙さんてオーラがあって魅力的なんですね。
実物を見てみたいものです
by sumipino1 | 2009-11-03 07:24 | 映画 演劇 音楽 絵など | Comments(1)