カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

本吉 誠一郎 絵本原画展 「ごん太とぼう」2009年11月11日~11月23日に思うこと

本吉誠一郎氏の絵本原画展 「ごん太とぼう」が京都のギャラリー&カフェ「WEスペース下鴨」で開かれる。2009年11月11日(水)~11月23日(日祝)午前11日~午後6時(11月16・17日休廊)
油絵の画家である本吉誠一郎氏の奥さんから、「彼は絵本作家になることを希望している」と私に熱心に言われて、それではやってみようか・・・と重たい腰をあげたのが、かれこれ5年前。
私のライフワーク「けやき村の人々のお話」の中の「ごん太といのしし」という作品を絵本原稿にかえて、児童文芸の絵本ギャラリーに出品した。50冊出品されたけれど、絵本になるというのはそのうちの一冊ぐらいしか出版されないという。当然私たちの絵本は出版社がつかなかった。
その絵本を見たカルロス氏は「この色彩は珍しい。スペインやフランスにも評価されるのではないか」と言ってくれて、自費で出版を決めた。カルロス氏に翻訳をしてもらって、スペイン語との対訳にした。
いろいろな人に助けられて、出版にこぎつけることができた。

本吉誠一郎氏の絵はタッチに独特のものがあり、色彩が個性的で、あまりない色づかいで美しい。かなり長い付き合いになるが、明るい開放的な性格で、そのおおらかさが絵本にでている。
今回の原画展では、「ごん太」を中心に、他にも「本吉誠一郎の世界を存分に発揮させるもの」をたくさん描いたようで、自信のほどを連絡してきた。ニューヨークからも個展の話がきているという。

「ごん太」は私の手をすり抜けてアンデスのあたりに飛んでいるらしい。「ごん太」だけでも私にかわって、世界を歩いてほしい。でも、あの子はニューヨークに合うかしら?



ブログランキングに参加しています!
1日1回クリックしてね。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村 犬ブログ トイプードルへ
Commented by totokarari at 2009-12-02 19:07 x
本吉誠一郎という方は知りませんが絵本原画展なるものがあるんですね。
絵本とか童謡とかは大好きです。
心がなごみます。
by sumipino1 | 2009-11-08 12:15 | 映画 演劇 音楽 絵など | Comments(1)