私のニュース


by sumipino1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

お話の素材 「天狗さまになったピーマン」

お話の素材は身近に星が降るほどある。

勉強もできない。運動もできない、友だちもいない。
そんな孤独な少女は、頭の中に物語を作って、一人を楽しんでいた。
(それは私ですよ)
今も昔と変わらない。

ばあさまは暑い夏にへこたれながら考えた。
「この頃高尾の天狗さまにあっていないなぁ。高尾山が有名になって、天狗さまも忙しいらしくて、こちらにはとんと来てくださらない。
あの大うちわでバタバタやってくれたら、ずいぶんと涼しくなるだろうに・・・・」
と。

毎日ばあさまは畑仕事をやりながら、こんなことをつぶやいておった。
畑の野菜たちは天狗さまに合わせてやりたいと会議を開いた。
「誰か天狗さまになれや。インゲン豆なんかどうかい?」
「無理、無理」
「おいキューリ、お前はどうだ」
「俺はダメだ。月にはなれるかもしれないけど、天狗はダメだ」
「じゃあ、やっぱりトマトだ」
「赤くなれても、鼻が高くなれないわ」
青いピーマンは、葉っぱのかげでその会議を聞いていた。
大好きなばあさまのために、無能な野菜たちに頼れないと思い、なんとか天狗さまになってやろうと考えた。

毎日天狗さまのなろうと念じていると、だんだん鼻ができたり、顔が赤くなったり。
とうとうピーマンは天狗さまになれた。
e0093679_6154851.jpge0093679_6161512.jpg

ブログランキングに参加中!
1日1回の応援クリックお願いします。
にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へにほんブログ村

愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。
「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」




[PR]
Commented at 2010-10-10 10:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by sumipino1 | 2010-10-10 06:17 | 児童文学.詩 | Comments(1)