人気ブログランキング |
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

3D映画「ネイチャー」案内人は滝川クリステル

3Dの画像は万博や科学博で何度か見たことがありますが、こんなに長い3D映画はとてもたいへんでした。
見終わった後、どうしても目が疲れ、目だけでなく、体もフラフラ。3Dの映像には弱いのです。

3Dだけあって、迫力が違います。ヘビの場面やワニの場面などドキドキします。
内容は目新しいものはなく、NHKの「ダーウィンがきた」で取り上げた似たような場面ばかりです。
しかし小さなテレビで見るのと、大きなスクリーンで見るのとは大違いです。
自分が自然の中に溶け込んだような気分になる時があります。
グンタイアリの場面では、体がかゆくなってきました。(このシーンは長くて気持ちが悪い。逃げ出したい気分でした)

動物がたくさん出てきますが、やはり私はゾウが好きですが、砂漠のトカゲもかわいかった。
老若男女小さな子供まで楽しめます。

どうしてこの映像がとれるのかしらと思いましたが、最後に撮影スタッフの苦労話が流れます。これはなかなかいいと思いました。

「WOOD JOB ウッジョブ」も最後の方のあのシーンはどうしてとれたのかしら・・・苦労話や自慢話が聞きたいものです。

by sumipino1 | 2014-05-02 23:08 | 映画 演劇 音楽 絵など | Comments(0)