私のニュース


by sumipino1
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

アラスカ編「-31度」を体感して

五泊六日でオーロラを見にアラスカに行ってきました。

何とフィアバンクスから1時間車に乗って、道の無いところから、歩いて3時間半。冬はスノーモービル。さらに橋のない川を渡り、やっと着く。これが、リコとラルフのご夫婦の家です。
リコは日本人、ラルフはドイツ人。
二人で3年かかって、建てた家は「北の国から」の五郎の建てた家よりはるかに立派です。
リコはオーロラの時期はガイドなどしています。ラルフは客の食事だの家のことをやっています。

外は何と気温は-31度。深呼吸をすると、肺が冷たくなって咳が出ます。髪の毛はばりばり。鼻毛が凍り、バリバリ、チクチク。
あたたかいもてなしを受けて、いざ帰る時間になって、
「みなさん、トイレに行って来て下さい」
簡単なトイレがかなり離れたところにあるのですが、
「そこまで行くのがたいへんなので、その辺でしていい」
と言われましたが、勇気がいります。
厚い手袋をして、厚いジャンパーを着て、つりズボンの下に3枚・・・どれほど困難なことか。
そして、その寒さ。
「入ってくるときに、とってを素手で触らないで。金属を触ると凍傷になりますから」

何という生活をこの人たちは、しているのでしょう。
それにしても、リコの健気さに感動しました。
働き者で、明るくて、賢くて、前向きで、小柄で、美しくて・・・・
健気な大人の人にあまり会いませんが、久しぶりで会いました。

e0093679_1904967.jpg

[PR]
by sumipino1 | 2007-02-20 07:47 | そのほか | Comments(0)