私のニュース


by sumipino1
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2018年 07月 ( 15 )   > この月の画像一覧

タキタ種苗研究所で買ってきたトマトの「みどりちゃん」。
8粒の種しか入っていなかったが、大事にポットに植えて、やがて7つ芽が出てきて、苗をあっちこっちに植えました。
みどりちゃんは大ぶりのミニトマトでした。
緑色の熟していないトマトは毒があるという。
でもこのトマトは熟していても、熟していなくても緑色だから見分けるのに難しい。
油断していると、はじけてジワジワと汁が出てきてしまう。
そこに待ってましたとばかり虫が来る。
「みどりちゃん」はとても甘いのです。
熱中症になりそうな毎日、畑仕事はとてもつらい季節なのですが、喉の渇きを感じると迷わず「みどりちゃん」をつまんで食べます。
お弁当やサラダに色を添えてくれます。

ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



[PR]
by sumipino1 | 2018-07-31 20:24 | 畑 庭 | Comments(0)
台風が来るニュースを聞いて、やっとニンジンを植える日が来たと思い少々体調が悪いのにこのチャンスを逃したらまたいつチャンスが来るか分からないと思い、畑に出かけた。
成功していない野菜にニンジンがある。
芽が出ない。芽が出ても育たない。育ってもアリがニンジンに巣を作る。などなど。
先ずは芽が出ないことには話にならない。
ジャガイモの跡地に植えようと思っていたが、行ってみるとヤブカラシがはびこっていた。
またそこは昔石塚だったと見えて、石がいっぱい。
石を取り除かないと何本も足ができてしまう。
はたけの準備に時間がかかったが、何とかニンジンの種を播いてきた。

夜雨の音を聞きながらニンジンの種のことを考えた。
ニンジンの種は好日性なのでうっすら土をかけた。今年こそは!


ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



[PR]
by sumipino1 | 2018-07-29 15:45 | 畑 庭 | Comments(0)
毎日暑い日差しにさらされて、顔も手も真っ黒。そもそも地が黒いのに畑仕事をするからたまらない。色白は七難隠すというけれど、今更かくしてもしかたがない。
しかしこの日差しは肌を焦がすばかりでなく目を焦がしてしまった。
外に出て太陽を感じるとすぐ涙が沸いてくる。

何が困るかというと、目が痛い、痒い、涙が出る。そればかりではない。一番困るのは夜の街。
明かりがすべて大きな光のわっかができる。もうわっかでいっぱい。
めいしゃさんに行かないと……

ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



[PR]
by sumipino1 | 2018-07-26 05:27 | 畑 庭 | Comments(2)
友人に誘われて混声合唱団「慈音」(音楽を慈しむ)を聴きに行った。
女性11人、男性4人、指揮者三矢幸子氏、ピアニスト箭内 明日香氏 ヴォイストレーナー金沢青児氏。曲目は第一部フランツ・シューベルトのドイツ・ミサ 第二部創立10周年の歩みー愛唱歌10選 で私たちが親しんだ合唱曲、箱根八里、椰子の実、水上、ずいずいずっころばし、故郷、雨、赤いサラファン、流浪の民、はるかな友に(私の一番好きな歌)落葉松など。第三部はなかにしあかね
1、一つの時代 2、わすれなぐさ 3、乾杯の歌
素人の趣味を超えたもので、驚き、感激し、感動した。
男性4人を含む15人の方々のハーモニィー、迫力が素晴らしかった。
若い方もいらっしゃったが中には高齢の方もいて、よくこれだけ声が出ると感心した。
質の高いものでした。




ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



[PR]
by sumipino1 | 2018-07-25 22:16 | 畑 庭 | Comments(0)
前進座のチラシを見て「これは面白そう。見に行こうっと。
と決めて、すぐ申し込んだ「くずーい屑屋でござい」(古典落語「井戸の茶碗」より)。
この年になると感激することに鈍くなっている。どの芝居を見てもどの映画を見ても感動までいかないことが多い。
ところがたいして期待はしていなかったが、とても面白く、とてもさわやかな気分で劇場を出られた。もともとしっかりした古典落語「井戸の茶碗」だから内容に失敗はない。
何よりよかったのは、舞台と観客が一体になっているところ。
舞台の役者のセリフに客がすぐ反応する。笑いも役者の狙いどおり反応する。
そこがいい。
また小さい子供たちから80代の高齢者の客が一緒に笑い楽しんでいる。
最後フィナーレで挨拶があった。主演の屑屋さんになっている柳生啓介さんの話によると出前寄席で小中高校を回っていて400回公演をしているという。
現役の時代に一年に一度芝居を子どもたちに見せる行事があった。
その担当になると大変。決めないとならない。集金する額に合うものであり子どもたちが満足するものでなければならないのであるが、そういう芝居がとても少ない。
このような芝居に当たればいいのだが、そうはいかないのが現状である。
しかも一人当たりの値段がそれなりに高くなる。
「俺の家、金がないから見ないで教室にいる」
という子どももいたのを忘れることができない。結局次の年芝居教室を取りやめたことがあった。
ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



[PR]
by sumipino1 | 2018-07-24 22:03 | 畑 庭 | Comments(0)



二・三日畑に行かなかったら、雑草が大変。ジャングルになっている。
スベリヒユはあっという間にはびこっている。
「これ食べられるのよ」
と教えてくれる人がいるけれど、私は食べない。理由は? 言わない。
嫌いとか好きの問題ではなく。
稗かと思って残しておいたら、やっぱり猫じゃらしだった。これも大変なことになっている。
ハキダメギクも伸びている。
それにツチシバリ。これは正式名称ではなく、農家の人が言っている草。土を縛ってのびる雑草。

そんな草がいっぱい。
草取りに一番いいと今私が思っているのは、三角ホー。
ねじり鎌もいいけれど、三角ホーがいい。
先が三角になっていて、両脇が歯になっていて雑草を切る。
また草取りばかりではなくても、鍬の役目もする。小さな埋め立てなどは小回りが利いて便利。よッ。
驚くほど非力な私には鍬は重くて。特に農家の人が持つ平ぐわは持つだけでもうヨロヨロ。
ホーム鍬でもクタクタ。
小回りが利いていい。おすすめ!


ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



[PR]
by sumipino1 | 2018-07-23 09:19 | 畑 庭 | Comments(0)
NHKの野菜の時間をできるだけ見るようにしている。何か参考になれば…という思いながら。
しかし、あれ?変だなと思うこともある(いちごがぜんぜんとれなかった!あれはごまかし!だと思う)し、おままごとみたいな畑でたくさんの人たちが楽チンな仕事をしている。
草が一本も生えていない畑、杉浦太陽君が土がかたいなんて、ぼやきながらの仕事。
あまりに楽チンな園芸。
現実からかけ離れている感じで嫌になる。
そして、多分あの番組の裏にはもっとたくさんの人があの小さなままごとのような畑に携わっているに違いない。
使いすぎるくらいのたくさんの化成肥料、手に入りにくい藁やら、もみ殻をふんだんに使って……。

農業一年生という山田さんの畑の報告はとても面白い。腐った落ち葉の中にカブトムシの幼虫がいる。カブトムシの力を借りて、たい肥作りは納得。好感が持てる。

この夏は暑くて大変。朝できるだけ早く畑仕事をしているが、それでも大変だ。
ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



[PR]
by sumipino1 | 2018-07-22 21:09 | 畑 庭 | Comments(0)
以前中国を旅した時、朝早く起きてその辺を散歩に出かけて公園であっちこっちでやっているのを見た。踊りじゃなくて太極拳。ぶじゅつの一種だという。
まねをしてやってみると周りからクスクス笑い声。優しいようでとても難しい。
それから以後、私の中で気になる存在になってしまった。
シルバーセンターで講習会があるというので申し込んでみた。
とても難しい。
近所に先生がいることが分かり、弟子入りをして、冬の12月に公園でやり始めた。
寒くて寒くてとても続かず、地区センターにばしょを変えた。
仲間を増えてきて、合間におしゃべりも楽しい。
先生が太極拳の日本選手権大会があるから見に行こうとおっしゃる。
ゆっくりした踊りのようなものばかりかと思っていたら、ジャッキーチェンみたいなものが多く、ビックリ!
小さい子供まで、剣を振り回したり、棒を振り回したりいやはや太極拳手ものすごいものだなぁと認識した。
私の住むところで夕涼み会というお祭りがあり、その余興に太極拳を発表しようということになり、衣装を買った。
大変だ。練習しなくちゃ。立派な衣装の為に。(フフフ、バーゲン品だけど)
元気で長生きをするには、体を動かす、仲間を作る、楽しく過ごす。

ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



[PR]
by sumipino1 | 2018-07-21 06:57 | そのほか | Comments(0)
先日踊りの発表会にご招待された。
歌舞伎を一年に一度か二度見に行くことはあって、その中に踊りの演目が入っている。しかし今回のように踊りだけというのは子供の頃、父の友人のお嬢さんの発表会というので行ったことはあるが…

退屈なものではないか?
そんなことを思いながら出かけました。だから招待してくださった方のを見たら、そこそこ帰ろうと思い、軽い気持ちでいったのであるが……
いやぁ……半端じゃないと感心して、とうとう最後まで見てしまった。一日中。
私を招待してくださった方も美しい踊りであり、びっくりしたが、東山夢楽、二世宗家(坂東寛之助)という方の踊り「本朝廿四孝」は引き込まれるものがあった。
清元、長唄、義太夫、常磐津、そして鳴り物も〇〇社中、〇〇連中の方たちが入って、歌舞伎で見るそれと同じであった。(清元、長唄、義太夫、常磐津の区別もわからない……)
舞台もすべての踊りにそれぞれ本格的なもので、それがまた美しい。
オペラは相棒がいたとき、時どき誘ってくれたが、オペラは総合芸術だと思っていたが、日本舞踊も総合芸術だと思った。
踊り、歌と音楽が一体になって統一された一つの作品を作り上げている。

会場に来ていた人たちの三分の一ぐらいがりっぱな着物。
着物の人を一度にこんなにたくさん見たのは初めて。(成人式は別として)
招待してくださった人のご親戚の方が「楽屋に行ってみましょう」と誘われた。
珍しいのでキョロキョロ。大変な世界だなぁと思いながら。

夢のような一日であった。

ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



[PR]
by sumipino1 | 2018-07-17 08:05 | 映画 演劇 音楽 絵など | Comments(0)
カンヌ映画祭で賞を貰ったと騒がれているし、「万引き家族」というタイトルからして気になって見に行こうとねらっていた。ちょっとした時間があったので、見に行った。
この映画館にしては結構入っている。と言っても、座席の四割ぐらいかなぁ。
(だいたい映画は高すぎる。もっと若い人が見られる環境にしたいもの)

日本では一般家庭とはかけ離れた?底辺の家庭。家族は万引きの男親代わり。女親代わりは自動車のパチンコ屋の駐車場から子どもを盗んでくる。男親代わりはその子供を万引きの名人に育てている。何の抵抗もない。ばあさんは遺族年金と亭主だった家にユスリに行って金をもらっている。ばあさん。ばあさんの孫はセックス産業で何の抵抗もなく働いている。しかし、三人は優しさを持っているのが救われるのだが…
仮のとうさんと仮の男の子は虐待を受けている女の子を連れてきてしまう。仮の五人家族には愛情が生まれている。……
しかし、始まってすぐ、何でこんな映画を作ったのだろう???と思い始め、また何度も思った。戦後まもなく、本当の家族でこういう行為をしていた事実はあり、新聞にも載っていた。しかし、今あるとしたら本当に特殊だろう。
なんかとても嫌な感じがしてきた。しかも、これがカンヌ映画祭で金賞を貰ったとか。世界に発信されていくなんて……日本が……ほかのアジアの国の映画ではなく、日本の映画で……

この後味の悪さは何だろう? さわやかさが残らなかった。

ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



[PR]
by sumipino1 | 2018-07-16 09:10 | 映画 演劇 音楽 絵など | Comments(0)