カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2018年 11月 ( 12 )   > この月の画像一覧

「光の森 日野市立中央図書館 灯りが紡ぐ物語」というチラシをいただいた。
入場無料で主催は日野市立中央図書館 後援は実践女子大学企画・演出
ふーん、面白そう。

日野市立図書館は、先進的な図書館で自慢できる図書館である。
巡回で図書館の本を貸し出す「ひまわり号」は全国でのさきがけだった。
日教組の全国大会に行ったとき、兵庫県だったかの人の発表でいきなり日野中央図書館が出てきたのでびっくりして目が覚めたことを覚えている。
前川恒夫館長の「図書館は建物ではなく、資料を提供するシステムそのものである」理念による。資料も充実していて、図書館二階の資料室にこもって児童文学創作「六畳間の人々」をこもって書いたものだ。

夜になって行ってみた。
昼間の図書館とは全く違い、幻想的な図書館になっていた。
e0093679_8552677.jpg

朗読をやっていた。お化けのお話ならずいぶんこわくなるだろうなぁ。
e0093679_856215.jpg

にわもいっぱい。幻想的な庭に変わっていた。
e0093679_8573824.jpg

(2018・11・18)
ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



by sumipino1 | 2018-11-29 09:00 | 畑 庭 | Comments(0)
ちょっと畑に行って生ゴミを埋めて雇用と思って畑にいくとついいろいろやってしまう。
草をとったり、穴をほじくったり、収穫したり。
今日は巨大カブを3本抜いて、大根を一本抜いて、しおれてきた万願寺唐辛子とピーマンをいくつか収穫、ねぎとか小松菜とか、ミニトマト……しかし何といっても、きょうの収穫はキクイモの花が咲いたので、菊の花。家に帰って、あまり見かけないキクイモの花のブーケを作ってみた。
写真は後で。

今日ほめてあげた野菜はピーマンと万願寺唐辛子。
11月下旬ともなると、周りは桜の葉っぱが落ち、ケヤキは今年は紅葉しないで、枯れ葉となって木にしがみついている。紅葉は綺麗。
ピーマンも葉っぱがしおれて、夏の元気が悲しくも懐かしい。
この前全部収穫したのでもうないと思っていたら、何と大きなのがブラリ。
偉いなー、ピーマンと唐辛子。
私もクシャクシャになっても、頑張りたいなぁ、生きることもあきらめないで、農仕事をしたいなぁ。

ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



by sumipino1 | 2018-11-26 10:27 | 畑 庭 | Comments(0)
元気いっぱいの高齢者たちが私の周りにはいっぱい。
音楽の集い
10月初めに男性から電話がかかってきた。
「〇〇ですが、10月8日日野市民会館煉瓦ホールで音楽の集いがあります。おいでいただけませんか?」
と言うお誘い。彼はクラシック音楽歌曲をやっている。
会場は高齢者でいっぱい。出演者もほとんどが高齢者。私の知人も高齢者。朗々と清んだテノールがホールいっぱいに響き渡る。

「10月21日 利樹と操の歌と朗読によるジョインとコンサート 日野市七生公会堂にて」
案内状をご夫婦から貰う。利樹さんはクラシックの歌、操さんは朗読。古くからの友人である。
利樹さんは82歳ぐらい。朗々と歌う。

「11月23日 京葉男性合唱団連合 第8回演奏会 浦安市文化会館」
の招待状をいただいていた。
市川男声合唱団、44名 「クレーの絵本 第2集より」 黒い王様 黄金の魚 まじめな顔つきなど
HGメンネルコール、34名 「唱歌の四季」 朧月夜 茶摘 紅葉 雪 夕焼け小焼け
八千代男声合唱団、18名 「雨」 雨の来る前 武蔵野の雨 雨の日の遊動円木 雨 雨など
すみだ男声合唱団、21名 「フォスター メロディー」 オオスザンナ 夢路より 草競馬など
佐倉男声合唱団、36名 「月光とピエロ」 月夜 秋のピエロ 月光とピエロとピエレット
浦安男声合唱団、34名「イタリア歌曲集」陽はすでにガンジス川から 愛の歓び オンブラマイフ

六つの男声合唱団が集まっての音楽会だったので本当に豪華だった。
最後に合同演奏 「土の歌」より 農夫と土 天地の怒り 地上の祈り など
何しろ180人の男性が歌を歌うのだからその迫力はすごい。

三つの演奏会を聴いて、高齢者はなんて素敵なのだろう。はつらつと胸をはって自信に満ちて歌っている。
負けてはいられない。私も高齢を楽しもう。たくさん食べて、体を動かして、頭を使って老いに立ち向かおうと思った次第。

ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



by sumipino1 | 2018-11-24 13:39 | 映画 演劇 音楽 絵など | Comments(0)
カブと同じようにブロッコリーも元肥はやっていないのに、この大きさ、どうしたことでしょう!?

ブロッコリーは素晴らしい野菜なので、ずっと作っています。
てっぺんを食べても次々と脇芽が出てきてだんだん小さくなるも、食べることができる。無限?のように採れる。栄養はあり、料理も簡単。いろどりにもきれいでいい。
そして、今年ほど大きいのが育ったのは初めて。
イオンで価格を見たらこのはんぶんぐらいで138円。
e0093679_971789.jpg

土と太陽に感謝したい気分。
いやブロッコリーに限らず、野菜作りは土と水と太陽に感謝です。
ミレーの晩鐘。あの絵の心境になります。
今の季節、夕焼けがきれいでいつも感謝の気持ちがわきます。
そう、ミレーのように。

ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



by sumipino1 | 2018-11-22 09:07 | 畑 庭 | Comments(0)
ジャムは頂き物のほかは買ったことはない。庭のブルーベリー、畑のそばのアンズの実、かりんをいただく。夏はルバーブ、庭の柑橘類でママレード、いちごなどでジャムを作っている。
でも一番おいしいのはやっぱりいちごジャムかな?
e0093679_2204244.jpg

春を楽しみにいちご畑を充実させようとこの秋いちご畑を増やした。
苗が増えたので捨てるのはかわいそうだと思って、植えてしまったのが本音。
春がとても楽しみ。ジャムがたくさんできる。
e0093679_2211067.jpg

と思っていたら、花がいくつか咲いた。
春は花が可憐だと思ったことはないが、今の季節の花は可憐でかわいい。
ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



by sumipino1 | 2018-11-17 22:02 | 畑 庭 | Comments(0)
ショウガが植わっているところにミニトマトが出てきてしまった。
多分去年の種がこぼれたのが出てきたのでしょう。
e0093679_19571510.jpg
夏の終わりころ小さかったのが、ここのところ元気がよくて、濃い緑色の葉っぱ、太い茎、脇芽も摘んでいないので伸び放題。無数の実をつけている。
霜が来れば駄目になってしまうのですが、トマトはそんなこととは知らず、誇らしげに畑の真ん中に陣取っている。
味はちょっと酸っぱいけれど、サラダの中に入れると、宝石のように美しい。
毎日覗き込んでは悦に入っている。
e0093679_19574084.jpg


ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



by sumipino1 | 2018-11-16 19:58 | 畑 庭 | Comments(0)
大きなカブっていう絵本があったっけ。あのカブはどうしてあんなにたくさんのひとや動物たちが一生懸命抜いたのかしら?
ちょっと疑問を持ってしまった。聖護院大根みたいなカブだったのかしら?
大根ならわかるけれど。
カブって大きくても根っこはネズミのしっぽみたいに細くて力が要らない。
するりと抜ける。
名作にケチをつける気か!スミピは!

さて、私の畑のカブはとても大きい。
畑仲間がかわるがわる心配してくれる。
「中がすがとおっているのではない?」
「はやく収穫した方がいいよ」
「すなんかとおっていませんよ」
私は毎日このカブを一本ずつ抜いて持って帰る。
家に帰って、甘酢にしたり、柚子胡椒でパンチをきかせたり、醤油とかつ節でそのまま食べるなどなど。
「甘くて、うまい!」

肥しもろくすっぽやらないけれど、何と立派な。
畑仲間に、
「差し上げましょうか?」
と声をかけるほど上出来。
e0093679_21464434.jpg

今年の冬野菜は私にしては、結構上手にできている。
ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



by sumipino1 | 2018-11-15 21:45 | 畑 庭 | Comments(0)
箱根は美術館がいっぱい。雨にたたられても温泉と美術館巡りをするというのもいいなぁ。
たくさんある中で、ポーラ美術館を選んだ。

ポーラは、半世紀前? 銀座のポーラ化粧品本舗に勤めていたことがあった。
青春の真っただ中。毎日銀座通りを歩くのが大好きだった。
お昼も、社員食堂で40円の昼食を食べて、28円のコカ・コーラを飲んでから銀座通りに繰り出したものだ。
ポーラ化粧品はその頃もいい化粧品を出していたけれど、高くて買えなかった。
その当時、一万円以上するクリームがあった。
銀座に出ると懐かしい。
銀座はショールームになり、五反田に移るという時に退職した。
私はその頃NIKONの高級品のカメラをあてがわれていた。
そのカメラをもってあっちこっち。白黒だったけれど気に入っていた。
だから今の私のカメラはニコン。
ポーラが美術品を集めていたのはこの頃だったのだろうか。
あの頃、とてもはぶりのいい会社だったが……。私の時は、二代目社長、鈴木常司氏。
本舗のビルの中に豪華な部屋があって、そこにも美術品が飾ってあった。

さて、ポーラ美術館、建物がとてもおしゃれで感じがいい。
「ルドン ひらかれた夢」という企画でルドンの作品をたくさん見ることができた。
ルドンと言う人はよく知らなかったけれど、今はやりの劇画や水木しげるを思い出す。影響を受けた人が多いという。
その中にポーラ美術館の所蔵品がたくさん展示されている。
一部写真を撮らせてもらえる。(この頃カメラ一部OKと言う美術館が増えた)
e0093679_19182014.jpg

マチス マリーローラサン、ドガなど。
「モネの庭」をイルミネーションで表現した部屋もある。
きれい。
e0093679_19195249.jpg

美術館に素敵な小道がある。
時々芸術品が置いてある。
なかなか気持ちのいい小道。
ぜひこちらも歩いてみるといい。
e0093679_19203291.jpg

春も、紅葉の時期もいいと思う。

ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



by sumipino1 | 2018-11-10 19:27 | 畑 庭 | Comments(0)
季節にもよるが、この時期箱根のお気に入りは仙石原の台ヶ岳のススキ。
お日さまにあたり銀色に輝くススキの群れ。
遊歩道が完備され、ずーっとススキが続く。
朝友だちと別れて、重い荷物を持ち、重いカメラを持ち、足取り軽く仙石原へ向かう。
しかし残念!
お日さまに恵まれなかった。
e0093679_5503723.jpg

犬もたくさんススキ見物につきあわされていた。
サギトワで世界中で有名になった秋田犬が抜きんでて美しい。
(そういえば家の犬のチグノもススキ色だ)
e0093679_5545998.jpg

湿生花園もいい。
可憐に咲くリンドウ。
e0093679_63960.jpg

カメラをやるようになってから、興味を持って水に映り込む景色を見るようになった。
e0093679_5593265.jpg


畑、庭ではススキに悩まされた。
土地を買ったときススキが庭の隅にススキが生えていた。これが手ごわくてすごい大きな株でほりあげるのにくろうをした。
私の梅林を開拓した畑(第一農園)も借りたとき、ススキが生えてきた。この株が大きくてもう引っこ抜くのに大変だった。
今年花畑のある畑(第二農園)に何とススキが生えてしまった。それもたくさん。
畑仲間が刈ってくれた。
ススキは秋にななくてはならない植物。お月見には欠かせない。
しかし畑は困る。

ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



by sumipino1 | 2018-11-09 06:14 | 畑 庭 | Comments(0)
友に誘われて久しぶりで箱根に行った。
箱根はいつ来ても、誰と来てもいいところだ。
亡くなった相棒とも何回か来た。娘や孫とも来たし、友人たちとも来た。移動教室で子どもたちを連れて来たこともあったっけ。そうそう、同人誌合評会も箱根でやったことがあった。
湯本駅もずいぶん変わった。いつこんな橋ができたのかしら。
e0093679_21393091.jpg

のんびりと友と川沿いを歩く。アオサギがいて、後からざぶんと鵜が飛び込んでくる。二匹の鳥は横向きで鵜を見ている。目が横についているからこんな時、顔を横に向けるのだ。
e0093679_2140975.jpg

保養所といっても何と豪華なお部屋。大きな窓から山や森が見える。紅葉時期だったらもっと豪華だろう。
e0093679_21405464.jpg

ワインベースの美しいカクテルを飲み豪華な食事をして部屋に戻ると美しい月が出ていた。
e0093679_21412145.jpg

ブログランキングに参加中!1日1回の応援クリックお願いします。にほんブログ村 本ブログ 絵本・児童書へ
にほんブログ村
にほんブログ村愛犬チグノのブログはこちらです。ぜひ見てくださいね。「トイプードル・チグノのハッピーな(?)生活」



by sumipino1 | 2018-11-06 21:44 | | Comments(0)